【空】の家


主要な空間を中庭に面して配置し、人の目を気にせず、自分だけの【空】を感じることから【空】の家と名付けました。内部は白漆喰を基調として、タイルや窓回りも同じトーンで色をあわせ、より柔らかく優しい空間に仕上げていきました。昼は自然光で、夜は間接照明や中庭の照明と合わせ、シーンよって使い分けることができます。趣味の部屋である地下室は大人の雰囲気に。気兼ねなく楽器の演奏ができるよう防音室となっています。